<< 巣鴨出会いに手つないで出会いに行く | main | 最初に巣鴨で出会いがあり空を見た >>

大雨の季節に巣鴨で出会いがあった

(万葉集/心地よい知恵)

巣鴨で出会い
季節の言葉は春の雨
みはるの季節
子供時代は暖かい雨です

の一般的な用語春に降る雨。雨は一般的に暗いイメージを持っている傾向がありますが、このシーズンは春特有の明るく暖かい雰囲気を持っています。 「サンブックレット」では、旧正月から3月上旬にかけて春雨が降ります。その後、春雨とは区別されます。

大雨の桁のある服が大好き巣鴨で出会い
(高浜京子)
春の雨を知らせて猫を拭いて
(芝直子)
ランナーの背中を染める春の雨巣鴨で出会い
(小林明美)
春雨と傘
(大森道夫)
傘傘と春の雨で行く人もいます
(Ko田uka香)
ヒナマイズのライトが引かれ、春の雨が降るとき
(Y謝村)

 

巣鴨出会い
ハトの愛と春の雨
春雨に欠けている美しい女性
(小林一茶)
チトヤスメハルコのトラも春の雨の中巣鴨で出会い
(So石夏目)

肩を濡らしたい場合は、転倒して春の雨を口にしないでください。

[BGM]
愛の雨/八代亜紀巣鴨で出会い

山を開き、白い梅の花を開きます


季節は梅
早春巣鴨で出会い
子の言語は
ヨシフミの木、花の兄弟、春の告知、匂い草、風町草、名草、ヌメ、梅の香り、梅のカレンダー、梅宿、梅村

梅は早春の寒さで百花の前に白い五花弁の花を開きます。そのエレガントできちんとした外観は、古くから桜を愛する日本人に愛され、多くの詩歌で歌われてきました。桜の花よりも香りがいいです。 *

| - | 11:39 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--